スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
近況報告
ふと気がつけばコミケの当落1週間前ですね。
今回は当選してるのでしょうか。

しばらくのご無沙汰です。

GW中にLEDを捜し求めて台湾に行ってきたり、
毎年開催されてるタミヤホビーショウに行ってきたりと
お伝えしたい記事がたくさんたまってきています。

今週末にでも時間を見つけて更新に入りますので
しばらくお待ちください。


追伸:
4/17にコメントをくれた人へ
基本うちのblogはスパムコメしかつかんので気づかずに申し訳ない。
無事帰国されたようで安心しましたよ。blogも再開してるみたいだし
いつのまにか配信も再開してたりなんてことを期待してますよ。
スポンサーサイト
【2009/05/22 08:25 】 | ミニ四駆 | コメント(0) | トラックバック(0)
モモーイとミニ四駆を愛する俺歓喜wwwww
 先日、モモーイのライブに行ってきました。開場待ちをしてるとタミヤの人が来てました。
律儀だなぁと思っていたら、お土産持参でしたよ。

 モモーイとミニ四駆のコラボレーションについてすごい発表がありました。一足先に知りましたが正式には次のおもちゃショーで発表されるようです。もうタミヤさんやりすぎ。いいぞもっとやれ。

 モモーイとミニ四駆が好きでよかった。これからもついていきます。
【2008/06/11 00:04 】 | ミニ四駆 | コメント(0) | トラックバック(0)
4/20 タミヤスプリングカップGP in 清水マリンパーク と掛川サーキット レポート
静岡市民になって1ヶ月ほど経ったわけですが、タミヤ本社のある駿河区から一度も出たことがなかったりします。そんな中、20日に清水区で公式レースが開催されるとのことで、見学に行ってきました。

行動開始はレースの前日、大会に出場するチームのメンバが当日のセッティングをするために掛川サーキットへ行くところからスタートです。

チームのメンバは名古屋に住んでいて車で向かうため、ota25は静岡駅からJR東海道線で向かい、現地で合流です。


掛川サーキットへ到着すると、エンジン音が鳴り響いてます。さすがRCカーの聖地と呼ばれる掛川サーキット。入れ込み度の激しい人たちがたくさん居ます。一方のミニ四駆はというと、コースは設置されているものの、人がおらず、さびしい状態に。しかも昨日の雨の影響か、コースがところどころ濡れている。屋外に設置してあるので、多少の汚れはしょうがないとしても、もう少しメンテしてくれてもいいんじゃないだろうかタミヤさん。


コースレイアウトもよく言えば超テクニカルで、テーブルトップの下りの後、すぐにコーナーパーツが設置されているため、まともに走ることも出来ない状態。しかもコースはビスでがっちり固定されていて、レイアウトの変更も利かない。

IMG_8435.png


結局夕方までセッティングに明け暮れる予定が意気消沈し、一度名古屋に帰って翌日出直すことに。交通費がもったいない。



気を取り直して20日、エスパルスのお膝元、静岡県清水区へ到着です。
マリンパークと名前がついているだけあって、海に面している広場の一角で、おなじみのダンガントラックが止まっていました。

大会開始前、まだスーツに着替えていないMCガッツに、先日の掛川のコースのことと、静岡のコースのことを報告。せっかくのミニ四駆のお膝元なんだから盛り上げてくださいよと、お願いしておきました。

大会は好天に恵まれ、、、たまではよかったんですが、とにかく暑い。司会の2人も上着を脱いで夏モードです。



IMG_8438.png




084020mcmo.png
084020nlmo.png

司会の二人も最初はフル装備だったのに





084020nldy.png
084020mcdy.png

いつの間にか涼しげな感じに。


ちなみにレースはというと、すっかりおなじみになってしまった感のある、「運よく5周走りきる速いマシン」と、「遅いながらも安定した走行で早いマシンのコースアウトを祈るマシン」が争う展開。そしておなじみのコース。取材も3回目ということもあって、すこし飽き気味。絶対的に速くて安定したマシンはまだまだ現れてこないようです。決勝も全台コースアウトして仕切りなおしを2回やって無理やり優勝者決めたりとちょっと拍子抜けでした。

うちのチームメイトはというと、3人出場して、2人が1次予選敗退。1人は2次予選で周りが全部コースアウトし、最後の1台となってゴールするだけだったんですが、なんてことないコーナーで謎のコースアウト。コースに嫌われてましたね。



とりあえず、今回のレースで気になったことをメモ。

・逆送防止のため?コースのつなぎ目に段差がつけられている。フロントにブレーキのようなものがついているとその段差に引っかかってコースアウトする可能性があるので注意。頭の片隅には入れておくよろし

・スタート地点の真下の部分のコーナーが意外にも曲者。ストレート後にrの小さい90度コーナーがあるため、コースアウトするマシンが多発。もしかしたらここも段差があるかもしれない。頭に入れておくように。

・フロントにブレーキ目的でタイヤ貼ったりスポンジをハル行為はテーブルトップの対策になると同時に、バーニングブリッジ(レーンチェンジ)での大幅なロスになるということを忘れずに。

・現行ではぎりぎり5周走る速いマシンが4回続けて走りきるor安定して走りきる遅いマシンが4回続けてコースアウト崩れになる以外での優勝が出来ない。速くてしかも安定したマシンの構築が出来ないのであれば開き直ってスピードに特化するか安定走行に特化するしかない。中途半端なセッティングはろくなことがない。パーツをつければつけるほどボロくなったコースに引っかかる可能性が増える。

・さくらいなる女史は日焼け止めクリームを塗ったほうがいい。鈴鹿よりひどい状態になってましたよ。


こんなところでしょうか。
コースのレイアウトがしばらく変化しないようなので、しばらくこの傾向は続くと思われます。とりあえず次は5月の静岡の本社レースに行きます。近所だし。

おまけ。
掛川と静岡のタミヤサーキットにおいてあるミニ四駆のコースが酷いことになっていると何度か書きましたが、参加者側で気になったことをちょっとだけ。公式のレースのスケジュールに、ルーキークラスというレース枠があるんですが、それの扱いがずいぶんずれているなぁという印象。タミヤ的には、新規参加者や、出戻り組のために用意しているはずなのに、回転数の遅いモーターを使って午後からの本線のセッティングのために参加している常連が多いんじゃないのかと。ota25はレースに参加しないで見ているだけなんだけど、見学している側からするとちょっと大人気ないんじゃないの。あんまり必死に見えるのはなんだかなぁと思う。参加者が少ないってのはわかるんだけどその辺自重して欲しいです。



【2008/04/21 19:11 】 | ミニ四駆 | コメント(0) | トラックバック(0)
タミヤサーキットへ行ってみました
静岡市民になったことだし、家から近かったこともあって、タミヤサーキットへ行ってみました。
ラジコンのサーキットがあるんですが、ミニ四駆のコースも置いてあるとの情報を見てです。

行ってみると、ラジコンのオンロード、オフロードコースの間に挟まれるように、ミニ四駆のコースが設置してありました。ジャパンカップJrサーキットが1組のみと寂しい。これ何とかならないものかな。

小さい子が5人ぐらいコースを囲んでわいわい遊んでいましたが、掛川サーキット程とは言わないものの、もう少しがんばってくれてもいいんじゃないかなぁ。


ミニ四駆onlineなるSNSがあるっぽいですね。いまさらながらに知りました。
そっちでも垢取りますかね。ミニ四駆の裾野を広げたい思惑で立ち上げたblogなので記事はこっちを
メインにしますが、既存ユーザさんのことも知りたいので少し手を出してみることにします。
【2008/04/03 20:22 】 | ミニ四駆 | コメント(0) | トラックバック(0)
3/23 タミヤスプリングGP in 浅草 レポート
すごい印象深い大会でした。気合入れて書きます。

放浪中、友人の案内で浅草に行ったら、タミヤのロゴが前方に見えました。何かと思って近づいてみたら、ちょっと前鈴鹿で見たコースが設置されてるじゃないですか。その日は時間も遅かったので、誰も居ませんでしたが、宿に帰って調べてみると、やっぱりレースをやっているみたいです。これは運命だと思い、予定を全部キャンセルして浅草に向かいます。

会場についてまず驚いたのが、人の多さです。鈴鹿の時にくらべて明らかに人が多い。レースの1次予選が始まっていて、もりもりレースが展開されています。

IMG_4411.png


IMG_4587.png




レース内容は、鈴鹿同様、立体交差の下りをいかに制御するのかがポイントのようで、多少スピードを落としても完走できるマシンが残っていきます。結局この傾向は二次予選、決勝まで続いて、波乱の展開なんて実況してましたが、早いマシンが全部脱落というのも少しさびしいですね。

IMG_4596.png

時間の合間を見て、真剣にセッティングする人たち


コンクールデレガンスにエントリしていたマシンの数も鈴鹿と比べて多い。クオリティも全体的に高くてさすが東京といったところでしょうか。

IMG_4438.png


IMG_4537.png

この辺、鈴鹿には見かけなかったジャンルのマシン達。素敵です。


二次予選、決勝とレースが進んでいきますが、先に述べたように早いマシンが軒並み立体交差の下りで飛び出していきます。生んだのみのマシンだと優勝まで4回レースがあるので、20周するうちのどこかでコースアウトしてしまうわけです。だからといってスピードを落として確実に飛べるマシンにしてしまうと、運頼みのマシンにスピード負けしてしまい、どちらを選んでも運の要素が絡んでくる状態になってしまいます。速くて、かつ確実に飛び越えられるマシンというのはまだ生まれていないようで、ここをクリアできるマシンを作ることができれば、優勝を狙えるのではないでしょうか。

IMG_4665_.png

最後の最後までコースアウトに苦しめられてました。


レース終了後、抽選会があって、最後に司会のMCガッツとさくらいなるさん(櫻井那琉)の総括が印象的でした。

IMG_4676.jpg

抽選会での一コマ。MCガッツの脱力さ加減も魅力のうち。


ガッツ顔MCガッツ

前回の浅草の大会に比べて、大幅に参加者が増えています。初めて参加する人、また再開する人、ミニ四駆が盛り上がってきているのを感じます。

この盛り上がりは、私も感じます。この流れがもっともっと大きくなればいいですね。

なるさん顔さくらいなるさん

今日、会場で小さな男の子にチロルチョコをもらったことがすごくうれしかったです。本当にありがとうございました。

... ( ゚д゚) (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚)
涙ぐんでました。チロルチョコキャラ昇格おめでとうございます。これから絶対チロルチョコのプレゼント増えますよ。

最後に、有志の方々が会場のごみ拾いをして撤去完了。参加者、タミヤの皆さんお疲れ様。楽しい大会をありがとうございました。



最後にガッツとなるさんの写真を撮らせてもらいます。

ガッツ
IMG_4711.jpg

カッコいいポーズをお願いっていったのに、腕を組んで固まられてしまった。むむむ・・・

IMG_4716.jpg

と思ったら連写してる間に突然ポーズをとり始めた!お茶目さんです。


なるさん
IMG_4499.png

チョコレートもらってうれしいなんていうから、早速小さな子たちからチョコ責めに遭ってました。でもうれしそうでした。




おまけ。
コースアウトの名所と化した立体交差の下りですが、あまりにマシンが飛んでくるのでスタッフが一人配置されています。このスタッフのお兄さんがすごい。飛んでくるマシンを確実にキャッチ。

IMG_4674.pngコースアウトの名所と化した立体交差下り。



IMG_4495.pngきたきた


IMG_4496.pngはいキャッチ



IMG_4497.png残念だったな。次がんばれよ。



こういうスタッフのみなさんのおかげでレースが開催されています。感謝感謝。
(このお兄さん、掲載許可をお願いしにいったら「私の写真なんかで少しでもミニ四駆に協力ができるなら好きにどうぞ」なんて快諾してくれました。どこまでいい人なんだ。)
【2008/03/24 21:06 】 | ミニ四駆 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。