スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
台湾旅行2日目 ~バスを使って九份(キュウフン)観光。・・・のはずが・・・。~
前記事:台湾旅行初日 ~夜の電気街を散策~

おはようございます。2泊3日の台湾旅行2日目です。
今回の旅行は家族旅行だったのですが、2日目は母の希望で九份に行くことになりました。
まぁ私も興味があったんですけどね。九份には台北市内から結構距離が離れていて、山の方になります。ジブリのアニメの元ネタにもなっているらしいこの街は日本人観光客が多いらしく、旅行のオプションに組み込まれていたりもします。

が、今回はバスに乗っていくことに決めていました。理由は料金。
オプションツアーだとだいたい一人\4,000~\5,000ぐらいかかるのですが、バスだと往復で一人500円程度。ホテルの近くのバス停から乗り換えなしで行けるというのであれば、選ばない手はありません。何度も何度も確認をしてどきどきの出発となりました。

まず、最初のホテル近くのバス停ですが、徒歩だと少し遠いとのことで、タクシーで移動することにしました。タクシーに乗っていると、運転手がなにやら話しかけてきました。

キュウフン イク コノママ ニセン ゴヒャク ニセン ゴヒャク
イク ヨンジュップン ツイテ ニジカン マワテ ホテル イク


どうやら2500元で往復してあげるといっているようです。
母の様子をみてみると・・・かなり迷っています。

そして次の瞬間

2,500じゃない。2,000。2,000でおk?
言葉の通じない国で交通機関に乗るというのは不安です。母はあっさりと屈してしまいました。
ちなみにこの値切りも成功してタクシーで向かうことが決定しました。
ota25はタクシー運転手を信用していいものか不安だったのですが、母の「私がお金出すんだからいいじゃない」という力強い言葉に、「まぁ、楽なのはいいことだ」と納得。なぜか日本の演歌のDVDが再生されるタクシーは九份へ舵をとります。

と、ここで信じられない出来事が。

なんと母が運転手にいきなり2,000元を渡してしまうのです。
母よ、まだ車は目的地についてすらいないんだ。このまま変なところに連れて行かれたらどうするの。渡すにしてもせめて半分にしないと、観光して戻ってきたらタクシーがいなかったらどうするつもりだったのかと。無事戻ってこれたのでよかったですが、海外旅行は油断禁物です。くれぐれもお気をつけください。



ホテルの人に傘を持っていくようにといわれたのをすっかり忘れ、降り立った九份はやはり雨が降っていましたが、幸い小雨だったため、アーケードを伝って移動開始です。


IMG_1221.jpg
早い時間に着いたので、店は開店準備中。

IMG_1237.jpg
シャッターが閉まっているお店もまだまだたくさん。活気付くのはもうしばらく後でしょうか。

IMG_1242.jpg
不思議な雰囲気が漂っていて、どこを撮ってもいい写真になります

IMG_1251.jpg
前方にいる人たちは日本人の団体さん。ツアーは楽ですけど行動が制約されるのはちょっとつらいですよね。

IMG_1255.jpg
ねりものがいっぱい。


しばらく歩いていると、下っている階段を見つけました。近くにいた団体さんについていたガイドさんの話しに聞き耳を立てていると、見所の一つのようですので、下りてみることにしました。

IMG_1264.jpg
降りておりて。
IMG_1273.jpg
まだおりて
IMG_1277.jpg
戻ってくるの大変だよなぁ・・・。


しばらく降りていくと、喫茶店のような建物がありました。母の様子を伺うと、休憩していこうというオーラが出ていたので、中に入ってみることに。

IMG_1280.jpg
おしゃれな入り口。

IMG_1281.jpg
ご丁寧に日本語での解説まで。


お店は落ち着いた感じの雰囲気で、ゆっくりと時間が流れているようでした。
IMG_1301.jpg
なんともいい雰囲気。東京でこういう喫茶店はいったらコーヒー1杯\1,000ぐらいしそうです。
ちなみにこのお店は約\450というところ。若干高い気もしますが、ボッタクリというほどではないです。

屋根つきのテラスがあったので、少し覗いてみると。。。

IMG_1285.jpg
なんとも独特の景色が広がっていました。

IMG_1288.jpg
真下も不思議な感じが出ていてGOOD。


結局45分ぐらいまったりしてから、再び散策を開始となりました。


IMG_1329.jpg
再び階段を下りる作業に戻ります。

IMG_1340.jpg
下まで降りたところで振り返って1枚。またこれを登るのか。

IMG_1349.jpg
停められていた原付のフロントにドラえもんが。かわいい。

しばらく歩いていると、生活領域に入ってしまったような風景になってきました。
あまり深くまで入っていくのもまずそうだったので、この辺で引き返すことに。

IMG_1367.jpg
はいはい登りますよ。しかし絵になる。

IMG_1384.jpg
九份は都市ではないのです。人が集まるのも一部分だけなんですね。

IMG_1396.jpg
生活領域の手前あたりから振り返って撮った1枚。山沿いに街が建っている様子がよくわかります。

IMG_1403.jpg
ここから先は外部の人が入る場所じゃなさそうです。時間もなくなってきたので引き返します。


IMG_1410.jpg
IMG_1412.jpg
来た道を戻っているとずいぶん人も増えていました。店もほとんど開店してます。


タクシーの運転手と待ち合わせをした場所に戻ってみると、ちゃんと待っててくれました。
ほんとよかった。

こうして九份観光は無事終了しました。移動に1時間半、滞在2時間の駆け足での観光となりましたが、十分楽しむことができました。発展著しい台湾の中でノスタルジックな景色を残すこの場所が、人気のスポットになるのもうなずけます。不思議で、今まで見たことのない景色に、すっかり心奪われてしまいました。また機会があればぜひいきたいと思います。次こそはバスで。


次記事:台湾旅行2日目 ~なんとなく台北市内をさんぽ~

スポンサーサイト
【2009/05/31 19:50 】 | 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<台湾旅行2日目 ~なんとなく台北市内をさんぽ~ | ホーム | 台湾旅行初日 ~夜の電気街を散策~>>
コメント
山からの風景がなんとなく日本の風景と似てるね。
うっそうとした感じの森がそう思わせてるのかな。

しかしフィリピンなら身ぐるみ剥がれてた…
現地にいるときに「釣り船で沖に出てさぁ帰ろうと思ったら現地人の船頭さんにお土産買わないと丘に戻らないと脅され無理やり買わされた」というちょっと間抜けな脅迫方法を聞いたよ。
【2009/06/02 00:48】| URL | tkyk #cJ.nlKGI [ 編集 ]
Re: タイトルなし
山だけじゃなくて全体的に日本ぽい雰囲気の国だったよ。
日本車いっぱい走ってるし。あぁでも右側通行だ。

お金は本当に焦った。
間抜けな方法でも現地の言語でまくし立てられたら買っちゃうだろうなぁきっと
【2009/06/13 17:40】| URL | ota25 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。