スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
台湾観光2日目。オタク系のお店を探して台北市内をうろうろ。 part.2 西門周辺編
前記事:台湾観光2日目。オタク系のお店を探して台北市内をうろうろ。 part.1 光華商場編


お昼ごはんを食べたあと、MRTに乗って西門へ移動します。
西門駅周辺にはアニメ、漫画などのオタク系ショップがいくつかあるらしいです。

IMG_2633.jpg

IMG_2635.jpg

IMG_2637.jpg

IMG_2640.jpg

IMG_2646.jpg

IMG_2667.jpg

ICカードをチャージする機械と切符の販売機が別になっていて間違えて切符を買ってしまったりという失敗もありましたが、MRTのシステムは視覚的にわかりやすいので乗り降りはそれほど迷ったりはしません。無事に西門にたどり着きました。

探索開始です。
IMG_2670.jpg

IMG_2674.jpg

IMG_2697.jpg
ただいま絶賛迷子中!



IMG_2702.jpg

IMG_2707.jpg
休憩のために近くにあったセブンイレブンに入る。
寿司が普通に売られててびっくり。一通り見たあと、カッコイイボトルの水を買いました。


迷った理由なんですが、実は地図を逆さまにみていたらしく、反対側をずっとうろうろしていたのでした。しかし迷子になってみるもので、偶然にもオタクっぽいものを売ってそうな店を発見
IMG_2699.jpg
あやしいビルですが、勇気を出して入ってみることに。

IMG_2708.jpg
IMG_2710.jpg
IMG_2712.jpg
IMG_2714.jpg
IMG_2716.jpg
怖かったです。
時間なのか曜日なのか、よくわかりませんがお店は営業していませんでした。
残念なようなほっとしたような。気を取り直して本来のルートへ向かいます。



IMG_2719.jpg
正解は6番出口。

では行ってみましょう
IMG_2723.jpg

IMG_2726.jpg

IMG_2728.jpg
日本にもこんなかんじのアーケードってありますよね。




■萌萌動漫資訊館(中文)

歩いていくと、変な服屋がありました。
IMG_2734.jpg
服屋っぽい店頭なのに看板が。

IMG_2732.jpg
どう見ても2次元です。

IMG_2737.jpg
左右で別世界。

最初に発見したのは服屋の2階にあるお店、萌萌動漫資訊館です。服屋の人はこの違和感をどう思っているのかが気になります。

IMG_2742.jpg

IMG_2743.jpg

IMG_2744.jpg

img021.jpg
売っているものはマンガ、雑誌、グッズ、ゲーム、同人誌など、結構な種類があります。
せっかくなのでマンガを1冊かって見ました。モモは俺の嫁。値段は90元(300円程度)
アレ?なんか日本より安くナイデスカ?





■KT動漫精品(中文)

IMG_2751.jpg

IMG_2750.jpg

IMG_2752.jpg

IMG_2754.jpg

IMG_2756.jpg
高雄でも同人イベントやってるのね。

IMG_2759.jpg

IMG_2760.jpg
台湾のオタク系ショップの中でも有名なこのお店。いかにもな見た目で心が落ち着きます。
商品は漫画とDVD、グッズなど基本的なラインナップ。なぜか店内に水槽があって鯉が飼われていました。


IMG_2763.jpg

IMG_2765.jpg
KTの隣がコスプレショップなんだろうか。変な店がありました。






■animate
IMG_2766.jpg
一見普通の本屋さんですが・・・

IMG_2767.jpg
上を見るとお馴染みの看板が。

アニメイト。まんまアニメイトです。店は小さいけれど一通りの商品がそろっています。
グッズが多めかな。

IMG_2772.jpg
ポイントカードもあるらしい


IMG_2768.jpg

IMG_2771.jpg

IMG_2770.jpg
アニメイトの隣がメイド喫茶のようです。今回は行きませんでした。
・・・メイドの看板よりもうまそうな食べ物の看板のほうが訴求力あるなぁ。



■萬年商業大樓

オタク系ショップとは系統が外れますが、一応紹介。ごちゃごちゃした感じの商業ビルで、夜市に売ってそうな雑貨やさんが沢山ありました。

IMG_2775.jpg

IMG_2776.jpg

IMG_2777.jpg

IMG_2780.jpg

IMG_2787.jpg

IMG_2788.jpg

最上階にはゲーセンも。日本でおなじみの筐体がありました。





■緑林寮(中文)
西門を後にして再びMRTで移動します。次の目的地は公館駅。国立台湾大学のある駅です。

IMG_2791.jpg


IMG_2797.jpg
国立台湾大学。日本で言うところの東京大学のようなものでしょうか。実はこの大学は台湾の同人イベントの会場になっているとのこと。今回は時期が合いませんでしたが一度行ってみたいものです。


ちなみに目的は台湾大学観光ではなく、大学のすぐ近くにある同人ショップの探索です。
大学から道路を挟んで向かい側にある緑林寮へ向かいます。
IMG_2805.jpg

IMG_2804.jpg

IMG_2808.jpg

IMG_2807.jpg

見た目がわかりにくいのはどのお店も似たようなものですが、中に入ってしまえば一目でそれ系のお店だと認識できます。店の商品は、漫画、同人誌、グッズ。他のお店に比べて同人誌の割合が高めです。台湾の同人作家の作品もさることながら、日本の作家さんの同人誌もありました。このお店は結構日本との交流とかやってるみたいです。




■まとめ
マンガ、同人など、台湾にあるオタク系のショップを4店舗ほど回りましたが、正直な感想としてはいまいちでした。ota25自身中国語が理解できないという理由もありますが、あくまでも台湾の人向けのお店であって、日本人が観光で訪ねていっておもしろい店ではありません。それもそのはず、売られているマンガやDVDのほぼ全てが日本の作品なのですよ。台湾独自の作品など、オリジナリティに欠けているというのが現状。台湾のオタク文化を見学すること以上の収穫は得られませんでした。というわけで何かの観光のついでによって見るぐらいがいいかと、これを目当てで行くときっとがっかりします。
心残りなのが同人イベントですね。台湾の同人活動に触れるとまた違った感想になるのかな。次はぜひ行きたいですね。


今回の観光ルート

より大きな地図で 台北観光ルート を表示
そのほか公館周辺。


次記事:台湾観光2日目。前回の反省を踏まえて士林夜市再び。今度は楽しめました。
スポンサーサイト
【2009/10/08 12:22 】 | 旅行 | コメント(1) | トラックバック(0)
<<台湾観光2日目。前回の反省を踏まえて士林夜市再び。今度は楽しめました。 | ホーム | 台湾観光2日目。オタク系のお店を探して台北市内をうろうろ。 part.1 光華商場編>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/02/18 17:58】| | # [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。